新町通り

五條エリア

五條市の古い町並みは、主に通称「新町通(しんまちどおり)」と呼ばれる旧紀州街道沿いにあります。昭和50年の調査では、江戸時代の建物が77棟、明治時代の建物が19棟確認されております。五條の町並みの特徴は、木造の瓦葺きで、軒裏や2階壁面を厚く漆喰で塗り込め、むしこ窓をあけ、1階は木格子やスリアゲ戸あるいはシトミ戸を用い、塗り込めにはしないが全体的に重厚な建築であるとされています。赤い色の建築物が江戸期の建物。中には、国の重要文化財の栗山邸という建築年代のわかっている民家では日本最古の建物もあります。これだけ長い街道筋で古い町並みが保存されている場所は珍しく、歴史を感じる街道として貴重な場所と言えるでしょう。

infomation

  • 奈良県五條市新町、二見
  • 0747-22-4001
  • 営業時間: 定休日:無休
  • 無料