金堂

高野山エリア

高野山開創当時は講堂と呼ばれ、平安時代半ばから一山の総本堂として重要な役割を果たしてきました。現在の建物は七度目の再建で、1932年に完成しました。入母屋造りで本尊は高村光雲作の薬師如来。内部の壁画は木村武山画伯の筆。内陣の両側には、平清盛が自らの額を割った血で中尊を描かせた、通称「血曼荼羅」の模写が掲げられています。

infomation