荒神社

野迫川エリア

荒神社は三宝荒神のひとつとも言われ、お大師様が高野山を開く前に建立した御勧請の霊と伝えられています。高野山開基に際し、伽藍繁栄のためにお大師様が神社を建立しようとしたところ、東の空に黒雲がたなびき、中から異形の夜叉神が現れ建立を妨げようとしました。お大師様が「汝は何者ぞ」と問うと夜叉神は「我は荒神ヶ岳に住む神なり」と答え「我をまつれば大願成就する」と言ったそうです。お大師様はさっそく木の板に三宝荒神の像を描いてまつり祈願しました。これが荒神社の始まり、高野山の伽藍も念願通り無事建立されました。お大師様は高野山開基の後も毎月、立里にある荒神社に参詣しており、お大師様亡き後も高野山の高僧たちが参詣していたと伝えられています。

infomation

  • 奈良県吉野郡野迫川村池津川荒神岳347
  • 0747-37-2001