滝尾の木村井戸

天川エリア

木村さんが宿屋をしておりましたが、水に大変不自由し、毎日100m離れた谷から水を汲んでいました。そこに通りかかったお大師様が「水を1杯くれませんか」と訪ねてき、そのときにおばあさんから水の苦労話を聞いたお大師様は、「それは難儀なことでしょう。私のこの杖の後を掘ってみてください」といい、掘るとたちまち水が湧き出て、雨が降ろうが、日照りになろうが、今でも涸れることなく一定の水が湧いているといいます。

infomation

  • 奈良県吉野郡天川村滝尾