堀家住宅賀名生皇居跡

五條エリア

遙か延元元年の年の暮れ、足利尊氏によって京の都を追われた後醍醐天皇は、吉野へと向かう途中に西吉野に立ち寄られました。天皇を手厚くもてなした郷土「堀孫太郎信増」の邸宅はその後、後村上、長慶、後亀山天皇の皇居として南朝の歴史を刻んできました。藁葺屋根の素朴な屋敷の前に建つ重厚な冠木門には、倒幕の志士天誅組吉村寅太郎の筆による「賀名生皇居」の扁額が掲げられています。梅林を背景にひっそりとした佇まいは、遠く都を離れた天皇の哀史を今も伝えています。

infomation

  • 五條市西吉野町賀名生1
  • 0747-33-0301(五條市西吉野支所地域振興課)
  • 営業時間: 定休日:2月~3月上旬、11月1日~11月8日のみ見学可能
  • 300円(小学生以下は見学不可)