とんど焼き

黒滝エリア

荒々しい霊魂を追いやるという信仰に基づき、村内各所で松竹を組み、正月の松飾りやしめ縄を燃やす伝統行事です。その紅蓮の炎は、闇夜に天を焦がし、その年の無病息災を祈願します。 また、この火で焼いた餅を食べると病気にかからないといわれています。 いにしえから絶えることなく伝えられており、今も黒滝を想う人々を深い絆で結んでいます。

infomation