不動滝

県道から眺められる、小さな支流から天ノ川に落下するこの滝を不動滝と呼び、谷をさかのぼると、岩穴の中にお大師様が彫ったと伝わる仏像の形をした自然石があり、そのことから、土地の人は『お不動さん』と呼び、滝の名も『不動滝』となったといわれています。昔、大峯から高野山へ御参りする人は、このお不動さんに御参りしたといわれています。滝の落差は40mです。

infomation

  • 奈良県吉野郡天川村広瀬