壇上伽藍

壇上伽藍はお大師様が高野山をご開創された折、真っ先に整備へ着手した場所です。壇上とは大日如来が鎮座する壇、または修行の道場を意味します。お大師様が、大日如来を中心とした密教の教義や世界観を建造物や仏像、仏画によって目に見える形で表現しようとしたのがこの伽藍なのです。壇上伽藍は高野山真言宗発祥の地であり、現在も重要な儀式のほとんどは根本大塔や金堂で行なわれています。

infomation